2018年09月17日

鳥海山(再)は厳しかった。

秋の鳥海山釣行、9/15-16で行ってました。
天候にも恵まれ、期待値は大きい。

平水ってことはないだろうな、多いんだろうなぁと思ってましたがちょっと少ない水量。
魚の活性はいいんですが食いが浅いというか、毛鉤が見切られます。
流れの速いとことか、浅いけど隠れられるとこに居がちでした。

何とか釣れた岩魚さん。
Iwana0915_2.JPG
かわい子ちゃん。

これも。
Iwana0915_3.JPG
かわい子ちゃん。
7寸ほど。

尺以上ある岩魚さんも浅い隠れ家から出てきましたが乗らずそれっきり。
水が少なくて、出てくれるんですが食いついてくれないのがほとんどでした。

夜は頑張りますw
Sake.JPG
Kっちー持ち寄りの松乃井。
我が家持ち寄りの新得そば焼酎ナキウサギ。

北海道の平成園にて一升空けた物の後継です。
こっちは飲まずじまい。

アテは採りたてミズのコブ。

mizu.JPG

茹でた状態。玉ともいうとか。

最近定番イワシの丸干し。
Iwashi.JPG
今回は酒と塩で煮てみました、Kっちーがw
梅干しは後添え我が家から。

後添えって、後妻さんだっけ?w

松乃井はきっちり空けさせていただきました。

翌日日曜は雨予報だったんですがいい天気☆
だがいかんせん9時スタートでは遅かった(泣)

先行者先行者先行者で目当ての渓に入れず。
支流の支流で頑張りますが水量が少ないのでシビア。
7〜8寸がいいとこです。

三連休の中日、致し方なし...。
午後別の渓に行くも浮いてきたのは1尾だけ...。

諦め加減でミズと三つ葉摘んで...。

MM.JPG
こちらは大量^^
茹でる前はこんな色です、ミズのコブ。

ラストで前回尺ヤマメ釣った川で夕まずめ。
そうはうまく行きませんね...。

釣れたのはヤンマ。
DragonFly.JPG
枝でも釣れたかと思ってぶん投げてましたw

調べてみるとルリボシヤンマのメスかな?
オスは綺麗な瑠璃色が入っているよう...。

糸が絡んだだけだったので丁寧に外し、
羽が乾いたら元気に飛んで行きました。
だいぶ水面に叩きつけたので、生きててよかったw

といったとこで今年の鳥海は終了。
厳しい戦いでした。

帰りいつもの温泉入ってラーメン食べて帰路に着きます。

KCFG2.JPG
花鳥風月うまい。
名店満月の流れ。ワンタン麺。

大木屋も銀華飯店も閉店してしまい、
夜までやってるラーメン屋難民です。

どなたかいいラーメン屋、教えてくださいm(_ _)m

posted by 有限会社三十六設計事務所 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184449887
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック